最近話題になっている「肝斑」とは?

「肝斑」という言葉を聞いたことはありますか?

そういわれてみれば、テレビとか雑誌で見たことがある…という人が多いと思います。

では、この肝斑とは何のことかわかりますか?

肝斑とは簡単に言えばシミです。

顔の頬骨のあたりに左右対称にできるシミで、通常のシミよりももやっとしたシミであることが特徴です。

30~40歳代の女性に多くできるシミと言われています。

肝斑ができる理由としては、紫外線に当たりすぎていたり女性ホルモンの影響が強いと言われています。

特に妊娠時にできる女性が多く、出産後消えずにそのまま残ってしまう方も多いです。

肝斑ができてしまったら、あきらめるしかないのか?というと、それは違います。

一番効果があるとされている治療方法は内服薬です。

ビタミンCやトラネキサム酸を内服することがいいとされています。

また塗り薬を利用する方法も効果的といわれています。

シミといえば、レーザー治療などの手術も効果があるといわれていますよね。

実は肝斑治療の場合、レーザー治療は悪化する可能性もあるとされています。

色素沈着をかえって強めてしまうことがあるため、レーザー治療を行いたい場合は注意が必要です。

もし肝斑かも?と思った場合は、皮膚科や美容皮膚科へ早めに相談するといいでしょう。

Leave a Reply




This website contains legal information, and not legal advice. It's content refers only to the law of the United States of America. Law firm web design